神社仏閣巡りがライフワークの一つです。体の不調がきっかけで四十を過ぎてからはじめて神仏に手を合わせる様になりました。

古今東西、旅先でのお参りから日々のお参りまで、御朱印帳はいつの間にか三冊目。

皆さんにも是非、御朱印帳旅をとおすすめします。

淡路島 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の御朱印

淡路島 伊弉諾神宮 淡路島の伊弉諾神宮へとお詣りしました。 伊弉諾神宮は古事記や日本書紀にもその歴史が記される、日本で最初の夫婦「イザナギ・イザナミ」の二神が鎮座する最古の神社として知られます。 神明鳥居をくぐって、拝殿...

続きを読む

堺の菅原神社の御朱印

菅原神社について 九九七年(長徳三年)の創建以来千年以上にわたって、菅原道真公をお祀りしているという菅原神社、地元堺では「堺の天神さん」と呼び、学問の神様として親しまれています。 その昔、菅原道真公が自作の木像を何体か海...

続きを読む