iPhoneのLightningケーブルの断線

ライトニングケーブルの断線

iPhoneのLightningケーブルの断線

iPhoneの充電に欠かせないLightningケーブルなのですが、これが使っている間に、ケーブルの外皮が裂けて根本の部分が断線してしまうということが良くあります。良くというよりも、必ず断線してしまうといっても良いかもしれません。

頻繁に使用するものなので、根本の部分に負担がかかってというのはよく判りますが、本当になんとかならないものかと思ってしまいます。

根本の部分は構造上抜き差しする際などに負担がかかってという場面も多く、さらにバッグの中での収納時などにねじれが原因で断線してしまう事は良くある感じです。

実際に、デスクで使っているケーブルは、多分iPhone5の時代のものだと思うのですが、持ち歩かないので断線してません。

ということで、実際に断線した際の対処法、予防について幾つか紹介したいと思います。

Appleにて無償交換

実は、断線したLightningケーブルは、Appleにて無償で交換してもらう事が出来ます。

・購入してから1年以内の保証期間内であること(オプション加入時は2年間)
・故意による破損でないこと

自分のiPhoneが保証期間内かどうかは、

「Appleのサポートページ「保証状況の確認」→「シリアル番号」の入力」

で確認する事ができます。保証期間内であれば後は指示にしたがって請求すると良いです。

ライトニングケーブルの断線予防方法

iPhoneのLightningケーブルの断線

断線しない様に、の予防方法、ネットで良く紹介されていたので、実際に私もやってみました。ボールペンのスプリングを外して、根本に巻きつけるというものです。

確かに、こうする事で無理な折り曲げの負担がかかりづらくなったりはするかもしれません。効果の程は新しい物を購入してしまったので確認することは出来ませんでしたが、やらないよりはやった方が良いかもしれない、とは思いました。

以前、AppleStoreの方に訪ねた所、断線する原因として多いのが、充電しながらiPhoneを使う事だそうです。どうしても根本に負担がかかってしまうということで、更にケーブルは長い方が負担がかかりづらい、との事。

心当たりは大いにあります。これまでは全くなかったのですが、ポケモンGOのお陰で歩きながら充電はデフォルトになってしまった感があります。

Appleの認証製品のライトニングケーブル

iPhoneのLightningケーブルの断線

無償で交換してくれるとはいうものの、やはり新しいケーブルが届くまでの間であったり、出先での充電など、予備のケーブルはあったほうが便利なのは間違い無いかと思います。

そんなもの要らないよと異を唱える方は少ないのでは??

お値段はピンきりで、今ではコンビニなどでも販売されていますのが注意が必要なのは、安かろう悪かろうがあるという事です。

すぐに充電出来なくなったり、すぐに断線してしまったり、iPhone本体のトラブルにつながるケースも報告されています。

必ず、Appleの承認製品を選ぶ事です。

これは、Appleが認めたという証の“MFi”の認証マークを取得した製品で、安心の材料になるかと思います。

iPhoneのLightningケーブルの断線

更に、せっかくなので「断線に強い」という事が書かれた製品が数多く出回っていますので、こちらを選ぶと良いと思います。私自身もカバンの中には「断線に強い」というタイプの物が予備のバッテリーと共にいつもあります。

断線に強いどころか、絶対に断線しない を謳った製品もあります、次買うとしたら、絶対にそれにします。


スポンサードリンク


コメントを残す