iPhoneのテザリング

テザリングとは

iPhoneのテザリング

テザリングというのは、外出時などネット環境のない場所でも、iPhoneを親機として、パソコンやゲームなどをインターネットに繋ぐことの出来る機能です。

外出時にネットに接続するといえば、Wi-Fiルーターなどを別途契約して利用している方が多いのではないでしょうか?

私自身も、つい先日までは、出先でのネット環境はWi-Fiルーターを利用して来ましたが、冷静に考えると自分が必要とするネット環境に、Wi-Fiが本当に必要か?ということに至り、Wi-Fiは解約してしまいました。

iPhoneは現在、各社が大容量の通信容量のプランを出してきていますし、動画など容量の大きなコンテンツを利用しない限り、追加料金を払ったとしても、別途Wi-Fiを契約して持つよりも安い、もしくは同等ほどの追加料金しか発生しないということがわかりました。

何よりも、現在こうして接続に困っていないのですからこの判断は間違っていなかったと思います。

Wi-Fiを持たないで良い外出というのは、Wi-Fi本体に充電器など、単純に荷物が減るので、この上なく身軽になります。

各キャリアの通信網は、要は電話が出来る所であれば、全国何処ででもインターネットに繋ぐことが可能です。Wi-Fi末端はもう不要です。

 

iPhoneのテザリングの設定方法

iPhoneのテザリング

iPhoneをテザリングで接続するには、テザリングオプションの加入が必要です。

上記画像の様に、設定画面で「インターネット共有」と表示されたなら、オプションには加入済ですから、インターネット共有をタップして、テザリングを利用する機器に、パスワード設定します。パスワードは「Wi-Fiのパスワード」の右側にある英数字です。

iPhoneのテザリング設定

一度設置すれば、次からはそのまま利用出来ます。

 

テザリングオプションに未加入だと、「インターネット共有を設定」と表示されるので、タップすれば My SoftBank に移動するので、申し込み手続きをおこなえば、直ぐに利用できる様になります。

 

iphoneのテザリングができない

まずはテザリングオプションの加入を確認ください。加入の確認は、iPhoneの設定画面で「インターネット共有」と表示されていなければ未加入です。

テザリングオプションに加入してあれば、iPhone本体にて「インターネット共有」のオンオフの切り替えを試します。

 

次に、接続先の機器の設定ができてるかを確認します。

パスワードの大文字小文字まで認識するので確実に。初期パスワードはランダムな英数字が並んでおり分かり辛いので、iPhone側でパスワードの変更をするのもおすすめです。

 

また、USB接続でテザリングを利用する際には、接続する機器にiTunesがインストールされている必要があるようです。

 

テザリング 7Gはどれぐらいか

便利この上ないテザリングですが、気になるのは通信量です。

テザリングで利用したデータ通信は、全てiPhoneの通信料に加算されていることは忘れてはいけません。

よく引き合いに出されるのが「7Gはどれぐらいか?」という目安がソフトバンクのサイトにあったので、紹介しておくと、

■7GBの目安
メールの送受信なら(1通あたり500KB)およそ14,630通
ホームページの閲覧なら(1ページあたり300KB)およそ24,430ページ
動画の視聴なら(1分あたり4MB)およそ31時間30分
音楽のダウンロードなら(1曲あたり4MB)およそ1,750曲

私の場合は、出先で動画をみたりアプリを頻繁にダウンロードするなど、これだけのデータ通信を行う事はまず考えられないので、7Gというのは充分な通信量だと思っています。

万が一、使用量が7Gを超え、通信速度制限がかかった際は、500円ほどで0.5Gからチャージ出来るので利用すれば良いでしょう。

容量が足らなくなる際には、結構こまめに「もう容量が無いのでチャージしなさい」「失くなったからチャージしなさい」と結構こまめなメッセージが飛んできます。

ソフトバンク

実際に、私などは、契約容量は2Gなのです。都市部だとあちこちにWi-Fiは飛んでいるし、もちろん会社や自宅はネット完備、3Gの頃からのiPhone使いですが、通信制限がかかったのは、上記のメールが飛んできた、たった一度だけです。

緊急時の予備回線としては必要十分、不便を感じたことはありません。


スポンサードリンク


コメントを残す