パン ド サンジュ(Pain de Singe)の とびばこパン が可愛くて美味しい

パン ド サンジュ(Pain de Singe)

思わず、かわいい!という声がでてしまう

「とびばこパン」

を買い求めに、
パン ド サンジュ(Pain de Singe)さんへ。

とびばこパンがあまりにも有名ですが
一度お店へ足を運べば一目瞭然、

決してとびばこパンだけの
お店では無いことが判るかと思います。

ものすごい種類のパンが並ぶ
パン好きなら納得のお店なのです。

お店の作りもお洒落なカフェのようなたたずまいです。

とびこパンとは

パン ド サンジュ(Pain de Singe)のとびばこパン

ご覧の通り、跳び箱の形をしているので
とびばこパン

聞けば、店主さんはデザイナーから
パン屋さんへと転職したという
異色の経歴の持ち主で、

毎日「たのしい、おいしい」
をお届けできるパンを目指しているのだとか。

パン ド サンジュ(Pain de Singe)のとびばこパン

手のひらサイズのミニとびばこパンもあります。

レギュラーサイズのとびばこパンがお目当でも
ついつい買ってしまいます。

各種ジャムからチョコレートにカスタード、
個人的におススメなのがカスタードです。

ミニとびばこパンもまた、
そのままでも充分美味しくいただけますが、
電子レンジで温めたら、カスタードが更に風味が増して、
甘みがまろやかに優しくなるのです。

おススメです。

とびばこパンの味

パン ド サンジュ(Pain de Singe)のとびばこパンの味

可愛すぎる見た目のとびばこパンですが
見た目だけではない「味」がとびばこパンの
人気の秘密なのは間違いないと思います。

最初にとびばこパンを食べたのは

「かわいいとびばこの形をした食パン」

とお土産にいただいたのですが

他のぱんと同じく、
天然酵母の菓子パン生地で作られた食パンは

普通の食パンと違って、
ほんのり甘いスィートブレッドの食パンです。

 

買ってきた日は、そのままでも美味しいですが
ほんのりと色づく程度にトーストすると
これがまた美味しくいただけるのです。

ちなみに、今回は写真を撮るからと、跳び箱の段ごとに
スライスしてあるものを購入してきましたが
切ってない物もあって、そうすると自由にカットできるので
厚切りトーストが楽しめたりもします。

断然厚切りが美味しいと思いますよ。

とびばこパンの値段

レギュラーサイズのとびばこパンは334円。
ミニとびばこパンは216円。

毎日食べる食パンとしては
ちょっとお高いかな、とも思いますが
滅多に足を運べないパン屋さんです、
この価格も仕方ないなと、納得してしまいます。

出かければいつも大量購入。

ちなみに、とびばこパンの賞味期限は
製造日を含めて6日間だそうです。

 

別途料金がかかりますが、
かわいいとびばこの形をした
パッケージが用意されています。

私自身が初めて出会った時と同じ様に
ちょっとした手土産としても良いと思います。

通販でも買える

このとびばこパン、実は通販でも購入できます

1つから注文出来るそうですが、
代引きの手数料や送料を加算すると
けっこうお高いパンになってしまいますね。

ちなみに、パンの代金が5000円以上になると
送料が無料になるそうです。

パン屋さんなので仕方が無いかもしれませんが
送料が判らなかったり、結構使いづらいサイト 笑

遠方の方がとびばこパンを入手しようと思ったら
通販しか無いのは残念です。

>>> Pain de Singe(パン ド サンジュ)

私は確認してませんが、各地の催事場でも
時折、とびばこパンは販売されている様子。

上記のサイトでは情報収集出来ませんが
fbをチェックすると良いかもしれません。

>>> Pain de Singe(パン ド サンジュ)fb

パン ド サンジュのメニュー

パン ド サンジュのメニュー

とびばこパンだけではなくて、
本当に色んなパンが、店内狭しと並んでいます。

画像はチョコ棒パン。

お支払の際のレジ横に並んでいたのに
まんまとやられて追加のひと品となります。

見た目も味も、オーナーのコンセプトである

たのしい、おいしい

が伝わってくるパンじゃないかと思います。

ちなみに、画像にはありませんが、
サンドウィッチもおススメです。

パン ド サンジュのアクセス 地図

JR天王寺発の阪和線津久野駅から
徒歩5~10分と行ったところでしょうか。

天王寺~津久野間は30分程度かかります。

お店に駐車場は無いので、
車でのアクセスの際には注意が必要です。


スポンサードリンク


コメントを残す