ジェットストリームボールペン プライムの口コミレビュー

ジェットストリームの高級ボールペン

ジェットストリームボールペン プライム

筆記具にこだわる様になったのは最近の話です。

文具好きの友人が持つ、ボールペンから万年筆まで、あれこれと手にして巡り合ったのが、海外製の何万円もするような万年筆ではなく、三菱のジェットストリーム・プライムというボールペンを何時も持ち歩く様になりました。

ジェットストリームの「クセになる、なめらかな書き味」というキャッチフレーズは大げさでもなんでもなく、一度使えば本当に手放せなくなる筆記具だったのです。

こうして意識するようにならなければ、まったく気が付かなかったのですが、よくよく周りをながめれば、コンビニでも購入出来るし、ノベルティーのボールペンだったり、普通に当たり前に使っているボールペンだったことに気が付きました。

そのジェットストリームのちょっと高級版がジェットストリームプライムです。

コンビニで数百円で購入できるボールペンがなぜ何千円もするのか?

とも思いましたが、適度な重さに握り心地、何よりもすらすらと紙の上を走る書き心地のよさ、何万円もする海外製のボールペンに引けを取らないどころか、それ以上ではないかと思います。

そんな風に思ったら最後、側に置いて毎日愛用する物が少しぐらい高くても、愛着持って使いたい、と思うのは当然の流れでした。

 

ジェットストリームプライムのここが嫌い

ジェットストリームボールペン プライム

こんなにもベタ褒めするプライムにも「ここが嫌い」があります。

手放しに全てが良いとは言い難いのは人によって感じ方の違うデザインじゃないでしょうか。上記画像にある、なんとも安っぽいビーズの装飾です。

例えば、モンブランの筆記具には、ホワイトスターと呼ばれるシンボルマークが輝き、ひと目見てモンブランを愛用しているんだと分からせるワンポイントがあります。

例えば、スワロフスキーのクリスタルの装飾はひと目見てスワロフスキーだと判ります。

ところがこのプライム、駄菓子屋のビーズの様な飾りが本当に必要なのかといえば、私は絶対に「要らない」としか思わないのですが、如何でしょうか??

モンブラン ボールペン
(クリックして拡大)

 

ジェットストリームボールペンの替え芯

ジェットストリームボールペンの替え芯

色によって違いますが、1~2ヶ月も毎日使っていると、インクが無くなるのは当然ですね。でも、使い捨てじゃないので、当然替え芯が販売されています。

余談になりますが、ジェットストリームは数百円のコンビニでも購入できるボールペンにも、替芯が用意されていて「ずっと使える」という素晴らしさ。

私が愛用する3色ペンは青、黒、赤の順番でインクが無くなるので、青が無くなったら直ぐにネットで3色注文するようにしています。

私、Amazonの回し者でもなんでもありませんが、便利な世の中になりました。

Amazonは本当に便利です。プライム会員になれば、見放題のビデオやストレージなどのサービスが使えるのはもちろん、ボールペンの替芯ひとつ、送料無料でヘタをすると当日届けてもらえます。

最近は、ジェットストリーム・プライムにも限定色なども登場しています、取って代わる商品が、そう簡単に出てくるとは思えません。まだまだお付き合いは続くと思います。


スポンサードリンク


コメントを残す