和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)の紅葉

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)の紅葉

あまりにも有名な立派なお城である和歌山城ですが、
関西在住の方でも、実際に足を運んだことのある人、
紅葉の名所であることはあまり知られていない様で、

特に平日には人混みを避けて、のんびりと
紅葉を楽しむことが出来るおススメスポットなのです。

和歌山城の紹介

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)の紅葉

和歌山城はご存知、徳川御三家の一つ、
紀州徳川家の城として有名ですが、

城としての歴史はもっと古くて、安土桃山時代というので、
江戸の時代よりも前から続く名城なのです。

和歌山市の中心部、虎伏山(とらふすやま)という
標高48.9mの小さな山に建造され、北側に流れる紀の川をお堀として、
本丸の北側に二の丸が配され、その外に大きく三の丸、

規模感は実際に目にして見なければ判らないでしょうが、
現在の城跡は最盛期の四分の一にも満たないそうで、
徳川御三家としての、当時の繁栄が想像できます。

天守閣に上がって和歌山の市街地を眺めていると、
城下町という言葉がぴったりで、
城好きには堪らない名城では無いかと思います。

西之丸庭園の別名は紅葉渓庭園

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)の紅葉

和歌山城の紅葉といえば、西の丸庭園です。

和歌山城 西の丸庭園は別名紅葉渓庭園(もみじだにていえん)
と呼ばれる1272平方mの広さを持つ日本庭園で、

その別名通り、季節になれば毎年、
それはそれは見事な紅葉を楽しむことが出来ます。

江戸時代の初期に、築かれた大名庭園で、
日本屈指の名園として、国の名勝指定を経て、
2006年4月には御橋廊下が復元されました。

和歌山城 御橋廊下(おはしろうか)

御橋廊下(おはしろうか)は藩の政庁や
藩主の生活の場である二の丸と紅葉渓庭園のある
西の丸を結んでいたとされる廊下橋でです。

江戸時代に藩主とお付きの者だけが通ることを許されたもので、
和歌山城の廊下橋は、勾配があり斜めにかかる珍しいものだそう。

この御橋廊下の姿は紅葉の季節に是非とおすすめしておきます。

ちなみに、西の丸庭園は有料で、大人410円 小人200円の入場料が必要ですが、
有料な分、じっくりと庭園を楽しむことが出来、
その価値は充分に「有り」だと思います。

見頃とライトアップ情報

穏やかな気候の和歌山なので、紅葉の見頃は少し遅め。

11月の下旬から12月の半ば頃までが見頃となります。

また、紅葉だけのライトアップではありませんが、
例年9月末頃から2月の中旬頃までの期間には日没から23時頃までは、

イルミネーションや木々のライトアップも実施され
西の丸広場の周辺は幻想的なライトアップが灯されます。

和歌山城の動物園

和歌山城には、全国でも珍しいお城の敷地内に動物園があります。

ほ乳類13種、鳥類20種の動物が飼育され、
これがなんと無料で開放されているのです。

小さな動物園ですが、和歌山市民の人気スポットなっており、
休日には沢山の人で賑わいます。

紅葉などは子供には退屈かもしれませんが、
動物園と合わせて楽しむことが出来ます。

開園時間 9:00-17:00

周辺のランチ情報

和歌山城界隈のランチ

せっかく和歌山城を訪れたのなら、和歌山グルメを楽しみたいと思います。

海ノサ地山の幸に恵まれた和歌山ならではの人気店を幾つか紹介しておきます。

和歌山市役所 十四階農園

和歌山市役所の14階の食堂はお城が見える
ビュッフェスタイルの食堂として密かに人気。

職員だけではなく、一般の方も利用できるのです。

あおい茶寮

吉宗ゆかりの名園、明治以前には城内の庭園だった
あおい茶寮で庭園を愛でながら、ランチを楽しむことが出来ます。

ランチメニューは、「天ぷら定食」「焼き魚定食」「刺身定食」の3種。

リーズナブルな料金設定で人気のお店。

和歌山ラーメン まるイ

和歌山といえば、和歌山ラーメンも外せません。

お城からも近い、和歌山ラーメン まるイ十二番丁店は
豚骨醤油が特徴の和歌山ラーメンに
更にどっさりのネギが加えられた名物ラーメンです。

ラーメン好きな方は是非!

もちろん、城下には和歌山ラーメンの名店が沢山あるので、
ラーメン店巡りなどと合わせての和歌山城はお勧めです。

和歌山城の駐車場

和歌山城

和歌山公園駐車場、
岡公園駐車場、
市営中央駐車場、
和歌山県立美術館駐車場

などの市営の駐車場の他に、
民間のコインパーキングが随所にあります。

駐車場から和歌山城 紅葉渓庭園へのアクセスは
市営中央駐車場がアクセスし易いかもしれません。
(どこからでも大した距離ではありませんが)

和歌山城へのアクセス

南海本線 和歌山市駅 徒歩10分ほど。
阪和線 和歌山駅→和歌山バス『公園前』下車、徒歩。


スポンサードリンク


コメントを残す