理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

守口 理(ことはり)

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

以前も当ブログでは紹介したことがある、絶賛の十割そばがいただける理(ことはり)ですが、その理の夜の部のメニュー、鍋をいただきに、守口へと足を運びました。

もちろん、理は外しません。絶品だったのは言うまでもなく、今日はその、そば屋のしゃぶしゃぶのレビューです。

以前、理を紹介した、こちらの記事もどうぞ >>> 理(ことはり)の十割そば

 

そば屋のしゃぶしゃぶの内容

そば屋のしゃぶしゃぶはコース料理になります。先に書いておくと、3000円でこのクオリティは、コストパフォーマンスの高い、お得なコースだと思います。

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

まずはそば前、上品な一品ですね。

左から、出汁で炊いた枝豆は、お皿一杯いただきたいなと思うぐらい。燻製されたじゃこ天にきのこのマリネ。これらを味わっている間に、お肉が用意されるという流れです。

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

そして、いよいよ、そばつゆで食べる黒豚しゃぶしゃぶの登場です。

好きに美味しく食べていただくと良いんですよ、という前置きの後に、おすすめの食べ方の説明がありました。

まずはお鍋の中にネギをたっぷり投入して、ネギに火が通ったら、出汁の中でしゃぶしゃぶした黒豚肉を包み込んで、いただきます。これが本当に美味しい!

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

そのままでも美味しいですが、好みで蕎麦ツユなどを付けても絶品です。味を変えると更に沢山食べることが出来るというあれですね。

蕎麦ツユは、椀の中の濃いめの汁を鍋の出汁で割って好みの濃さに調整します。

ひとしきり食べたら、水菜やお豆腐にしいたけなど、鍋具材をいただくわけですが、ネギと水菜は何度でもおかわり下さいうことですが、今回のメンバーは全員が白ネギ包がいたくお気に入りとなり、白ネギを二度もおかわりして、お腹いっぱいです。

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

そして、締めはやっぱりそばです。まずは塩を振っていただくのは理の定番で、塩梅スプーンなど使って一枚を満喫、次に鍋の中に潜らせて、蕎麦ツユを潜らせて一枚。これもやっぱり美味しくて、大満足なのはいうまでもありません。

ちなみに、もりそばは一人二枚、たっぷり過ぎます。

塩梅スプーンはこんな小道具です >>> 塩梅スプーン

理(ことはり)の そば屋のしゃぶしゃぶ

そして最後のデザートまで。

そば屋のしゃぶしゃぶのセットをお願いすると付けることが出来る、一人1500円の飲み放題がとてもお得です。ビールと焼酎に日本酒にお茶。

普通、飲み放題などのコースになると、なんだか判らない程度の低い飲み物が並ぶことが多い訳ですが、理のこのセット、普段提供されている飲み物が、銘柄指定でそのまま出されるというセット、お得感たっぷりです。

しゃぶしゃぶは前日までに予約が必要だとのこと、一年中やっているのかは確認するのをわ忘れてしまいましたが、そば屋のしゃぶしゃぶ、おすすめです

 

塩梅スプーン

理 塩梅スプーン

先に書いた塩梅スプーンというのはこんなスプーンです。

これが、実によく出来たスプーンで、文字通り、塩を塩梅よく振りかける為のスプーンで、スプーンの上に適量の塩を取り、蕎麦の上でトントンと揺することで満遍なく、かけ過ぎることなく塩を振ることが出来るのです。

商品化を望む声は大きいと思うのですが、以前、クラウドファンディングで出資者を募ったことがありましたが、満額集まらずに頓挫したことがあります。

商品化大希望の一品だと思うのです。

 

理へのアクセスと予約

京阪守口駅と土居駅の真ん中あたり(守口駅からのアクセスの方が近い感じです)、線路を挟んだ南側です。お店にはパーキングはありません、界隈のコインパーキングを利用するか、夜の部はやはり電車でのアクセスがおすすめです。

予約:06-4980-1835


スポンサードリンク


コメントを残す