新海誠監督の映画 秒速5センチメートルの聖地巡礼【種子島編 コスモナウト】

秒速5センチメートル 聖地巡礼

秒速5センチメートルってこんな映画

「秒速5センチメートル」は、アニメファンならご存知「君の名は。」の大ヒットで広く知られる様になった、新海誠監督の劇場3作目となる2007年に作られたアニメ作品です。

とにかく映像が綺麗、主人公の遠野貴樹の中学生時代の物語の「桜花抄(おうかしょう)」、高校生時代の「コスモナウト」、社会人になってからの物語「秒速5センチメートル」、からなる短編3話のアニメです。

それぞれの作品で、等身大の切ない恋心が描かれていて、新海誠ファンからは、「君の名は。」以上の名作だという声も高く、隠れアニメオタクを自称する私も大好きな作品の一つです。

毎年初夏に、友人たちと南の島の離島へと遊びに行くのが恒例行事となっているのですが、それが今年は「種子島」だというではないですか。

種子島といえば「コスモナウト」の舞台です!

種子島ってこんなところ

種子島 宇宙センター

鹿児島県に位置する島です。種子島へのアクセスは、鹿児島空港から飛行機で30分ほど、鹿児島港から高速船で一時間半、鹿児島港からフェリーだと三時間半、海に囲まれた静かな島です。

サーフィンが有名でサーフボード片手に海に向かう人を沢山見かけます。

サーフィン目的での移住者も多いそうで、コスモナウトで主人公に恋する、澄田花苗は姉の影響で始めたサーフィンが趣味だという設定です。

他にも有名なのは「種子島宇宙センター」でしょう。種子島への観光コースには必ずというぐらいの場所で、作品にもロケットが飛ぶシーンがあります。私も一度は実際のロケットの打ち上げの様は見てみたいと、種子島を訪れて改めて強く思いましたね。

聖地巡礼マップ

秒速5センチメートル 聖地巡礼マップ

撮影の舞台となった各所に建つ巡礼地マップがこれです。

なんとも大雑把な地図で、レンタカーを借りて寄り道しながら一日かけて探し回りましたが、どうしても見つけきれない場所もあったりと結構苦労しましたが、ファンとしては楽しい聖地巡礼となりました。

もちろん、山崎まさよしの「ワンモアタイムワンモアチャンス」を口ずさみながらです。

アイSHOP 永井店と石堂店

アイSHOP 石堂店

南の島へ行くとよく見かけるのがアイSHOP

アイSHOPと言うのは、鹿児島にあるローカルコンビニで、今でこそ離島でもファミリーマートなど見かける様になりましたが、一昔前はアイSHOPこそがコンビニだったそうで、同行する鹿児島の離島出身の友人などは「懐かしい」を連発していました。

物語では、下校時に貴樹と花苗がいつもスーパーカブで立ち寄ってアイスやジュースを買っていたシーンが印象的で忘れられず、アイSHOPの実物は感動!

作品の中では、セイカアイスクリームと書かれたベンチがありましたが、朽ち果ててしまったのでしょうか、今はビールのケースがベンチになっています。

アイSHOP 永井店

スーパーカブと言えば、作品が作られてから10年以上経った今でも、島では沢山のスーパーカブが走っていて、聖地へ来た感が凄くあります。

中山海岸

秒速5センチメートル 中山海岸

花苗が学校が始まる前に毎朝、足繁く通うサーフポイントが中山海岸です。

サーフィンのメッカ、種子島には沢山あるサーフスポットの一つで、細い畑の中の道を進んでいく先に中山海岸があります。

秒速5センチメートル 中山海岸

アイSHOPからも結構近くて、私もスーパーカブ乗りなのでこの道を走りたいなと思っちゃいました。

旧種子島空港

秒速5センチメートル 旧種子島空港

島を出ていく貴樹を見送る花苗。(ちなみに、このシーンはコスモナウトではなくて、3話の秒速5センチメートルでの回想シーンで使われています。)

現在ではは結構離れた場所に新しい大きな空港が出来ていて、作品に登場したこの空港は今現在は使われていません。すっかりと荒れ果ててしまっていますが、切ない空港のシーンは、種子島編の見どころの一つ、これぞ聖地だと思います。

まとめ

秒速5センチメートル

聖地マップにもあるように、他にも「種子島中央高校」や「さとうきび畑の通学路」など、作中によく出てきた印象的な場所が幾つもありましたが、特に個人的に心に残った場所、3つをお届けしました。

残り2つの聖地、私の故郷である栃木の岩舟駅や東京都内での踏切シーンなども、秒速5センチメートルファンであれば訪れたい場所ですよね。いずれ紹介できればなと思います。


スポンサードリンク


コメントを残す