Amazonプライムの紹介

Amazonプライム会員とは

Amazonプライム

普通に社会生活をおくっている方の中に、Amazonを知らない方は、もういないのではないのでしょうか。

アメリカに本社があるAmazon、元々は、ネット上で本を販売するサイトとして知られており、日本でAmazonの名を聞くようになった頃は、本屋に行かずとも、自宅で本が購入できるということがなんと斬新なサービスの登場なんだと驚いたものです。

さらに、気がつけばありとあらゆる物を購入できる巨大なショッピングサイトへと成長し、注文した物が、場所によっては当日に届く流通システムやあらゆる支払い方法など、今の通販の便利なサービスを引っ張ってきたショッピングサイトの一つなのは間違いありません。

そのAmazonの有料サービスがAmazonのプライム会員。

私は無料体験でプライムを知り、無料体験からそのまま会員継続をして今に至りますが、プライム未体験の方は、有料会員とまったく同じサービスを受けることの出来る無料体験を是非利用してみてください。

 

Amazonプライムの年会費と解約方法

プライム会員の年会費は、現在(2017年1月)、3900円(税込み)です。

私は2014年からプライム会員としてAmazonを愛用しているので3年にもなるわけですから、如何にプライム会員がお金を払ってでも会員になる価値があるものなのか、ということが判っていただけるのではないでしょうか。

解約も基本的にボタンをクリックするだけで簡単なものです。

Amazonプライムの紹介

Amazonにログインしたなら、自分のアカウントサービスの中の、「アカウント設定」→「Amazonプライム会員情報の管理」へとすすめば、左側のサイドバーに「会員資格を終了する」というリンクがあるので、クリックすると解約ページへ進めます、後は指示にしたがって解約ボタンを押せば手続き完了です。

本当にあっさり解約出来ますし、あの手この手で解約させないセールスが繰り広げられるのではという心配もまったくありません。

無料会員の解約も同じです、何時でも解約することができます。

 

Amazonプライムのメリット

Amazonプライムの紹介

年会費は(2017年1月)、3900円(税込み)、月額にすれば325円です。

Amazonの有料会員になるメリット=サービスの数々を紹介します。

 

■お急ぎ便、日時指定が無料のプライム配送

お急ぎ便は360円、当日便514円、日時指定が514円、これらの手数料が全部無料なのがプライム配送です。

■プライムビデオ
映画もテレビ番組も見放題

■プライムミュージック
100万曲が聴き放題

■プライムフォト
写真を制限量なしで保存できるプライムフォト。

■会員限定先行タイムセール

会員は30分早くタイムセールに参加出来ます。

■Amazonパントリー
食品、日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり290円の取扱手数料で届きます。

■Kindleオーナー ライブラリー

Kindle本が毎月1冊無料。どのKindle端末上でもご利用いただけます。

■ママ・パパ向け特典
Amazon定期おトク便でおむつとおしりふきがいつでも15%OFF

 

私は日常的に文具一つAmazonで買い物しますから、送料無料のサービスは必須です。

ビデオやミュージックは仕事のBGM代わりに愛用、プライムフォトが更に便利で、増え続けていく写真が容量制限無く、管理出来るのは本当にありがたく便利なサービスで、パントリーやKindleなどももちろん利用しますので、私にとっては使わない理由が無いサービスなのです。

 

Amazonプライムのデメリット

手放しで喜んでオススメしている、プライム会員のデメリットを友人たちと一緒に考えてみました。

一番の理由は、冷静に考えれば、年会費として支払う額には納得出来るかと思うのですが、年会費の3900円がネックになる様です。

■当日届く?
地方に住む自分には関係無い話だ。別に会員じゃ無くても物は届くし、他のネットショップもある。

■映画や音楽が無料?
自分はそういった物は見ない。

■プライムフォト?
ガラケー使ってる自分は写真とかあんまり撮らないんで。

他色々、個人的には絶賛オススメするプライム会員ですが、本当に不必要な方もいる様で、確かに必要ない方も確実にいるのも本当です。


スポンサードリンク


コメントを残す