西日本随一の大阪城の梅林

大阪城の梅林情報

西日本随一 大阪城の梅林

大阪城の内濠の東側、1.7haの広さに約1270本の梅が植えられ、早春から色とりどりの花をつけ、梅を目当てに訪れる人で賑わう西日本随一の梅林です。

大阪城梅林は大阪府立北野高校の卒業生の開校100周年事業として、22品種、880本を寄付したことに始まり、昭和49年の3月に開園となりました。

現在では100品種と超える梅を楽しむことが出来ます。

以前も大阪府下の梅の見どころを当ブログで紹介しましたが、気軽にアクセスが出来る梅林としては大阪城は一番ではないかと思います。私自身もこの数年は、二度三度と足を運ぶようになりました。

こちらもご覧ください
>>> 梅の名所 大阪編

園内にはコンビニも出来、梅や桜の季節には屋台も沢山でますので、のんびり楽しむ事が出来るのは間違いありません。(週末は人が多すぎるので私は避けますが)

 

大阪城の梅林の見頃と開花状況

西日本随一 大阪城の梅林

大阪城は桜の名所としても有名ですが、100品種を超える梅の種類は西日本随一との規模、そのため、長い期間に渡って梅花を愛でる事が出来るのが大阪城の梅林です。

早咲きの蝋梅、寒紅、冬至梅などは1月の中旬から咲き始め、遅咲きの豊後などは3月の桜の開花情報が聞こえる頃まで可憐な花を付けています。

入園は無料で24時間開放されています。特に花が多い時期といえば、2月の末から3月の上旬、開花時期が広く、園内も広いので、盛期の週末はともかく、思い思いの梅をのんびりと楽しむことが出来るのです。

 

大阪城梅林のライトアップ

西日本随一 大阪城の梅林

他の梅の名所では、梅まつりなどが行われライトアップなどのイベントもありますが、大阪城の梅林では特にそのようなイベントが行われることなく、ゆったりと愛でる事が出来るのが特徴の一つです。

梅林のライトアップはないものの、大阪城のライトアップは一年を通じての定番ですので、梅の花と大阪城のライトアップのコラボレーションは一見の価値あり、です。

梅の時期の夜はまだまだ冷えるので、暖かい装備で出かけましょう。

 

大阪城の梅林へのアクセス

西日本随一 大阪城の梅林

大阪城へのアクセスと同じ、各路線から梅林へはアクセス可能です。一番近い駅となると、JR環状線の大阪城公園駅、次に森ノ宮といったところでしょうか。

 ・大阪環状線・地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線 森ノ宮駅
 ・地下鉄中央線・谷町線 谷町四丁目駅
 ・地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅

大阪城公園の直ぐ向かいにはコインパーキングもありますが、週末ともなれば梅林目当ての方以外にも沢山の方が訪れるので、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

 


スポンサードリンク


コメントを残す