紀の川柿 黒あまが衝撃的に美味しかった件

紀の川柿の特徴

紀の川柿 黒あま

紀の川柿というのは、柿の種類の名前ではなく、平核無柿(ひらたねなしがき)という渋柿を、木に成ったまま渋抜きをした柿です。

とても手間がかかり、産地も限定されて生産量が少ない為に高値で取引される希少な柿だといいます。

たまたま産地の方が来ている産直売り場で購入出来た為、その話を聞くことが出来たのですが、柿がまだ青い間に一つ一つ固形アルコールを入れた袋をかけて、袋の中でゆっくりと渋抜きが行われるという事です。

ちなみに、通常の柿は、収穫後にアルコールやガスを使って渋抜きをするのです。

紀の川柿 黒あま

木の上で完熟された柿は赤みがこく、果肉は黒く黒砂糖の様な雰囲気。普通、甘い柿といえば熟して柔らかかったりするものですが、紀の川柿はもの凄く甘いのに、硬めのシャリシャリした食感です。

美味しい柿で、本当に驚きました。

紀の川流域で生産されているので紀の川柿と呼ばれ、出荷は10月下旬からはじまり、11月いっぱいでその姿を見かけなくなる貴重な柿だといいます。

 

紀の川柿 黒あま

紀の川柿 黒あま

黒あまというネーミングは、紀の川柿のことを指す言葉のようで、見た目の通り「黒い果肉」から来たネーミングなのでしょう。

黒い果肉、粒々の正体は渋味成分のタンニンが固形化したものだそうで、お茶に含まれるカテキンなどと同じポリフェノールの一種で、これが柿が体に良い、といわれる所以ですね。

ちなみに、柿の栄養については昔から知られていて、ビタミンCやビタミンA、カリウム、繊維質、タンニンが多く含まれ、「柿が赤くなると医者が青くなる」というのは聞いた事があるんじゃないでしょうか。

 

紀の川柿の販売

紀の川柿 黒あま

約一ヶ月ほどと出荷期間が短く、流通量も少ない為にそれなりのお値段がします。

1キロ1500円ほど、私が購入したのは2つで600円ほどもしました。楽天市場や専門店などでは早々に売り切れてしまうので、見つけた時には直ぐに購入するのが良いでしょう。

大阪南部では、案外スーパーなどで見かける事も多いです。

通常の柿では味わえない、濃厚な甘さ。わざわざ購入する価値のある柿だと思います。

既に11月の終わり、今から来年の紀の川柿 黒あまシーズンを心待ちにしています。


スポンサードリンク


コメントを残す