行列必須のローストビーフ丼「レッドロック」へ行ってみた

いつでもどこでも行列ができているお店

いつ行っても、どの店舗でも行列があるお店、レッドロック

アメリカンステーキとローストビーフのお店とありますが、人気なのはローストビーフ丼です。

三ノ宮や心斎橋の店舗で、なんだこの行列は!?と思ったことはありませんか?

レッドロックは前代未聞の行列を作っているお店で、行列が理由で話題になったお店でもあります。

そもそもローストビーフ丼ブームの先駆けになったお店もこのお店です。

とってもおいしく、ボリューミーなローストビーフ丼を提供しているという事で話題になっていましたが、初めての人はもちろんリピーターも多いお店でもあるんです。

その人気の理由はなんなんでしょうか?

実はあまりの行列でずっと行けずにいたのです。

今回たまたま空いていてすぐに入れそうだったので、実際にお店に行ってみて、どんなメニューがあるのか、おいしいのかどうかを調べてきました!

基本はステーキorローストビーフ

ローストビーフ丼

レッドロックは、基本的にはローストビーフ丼もしくはステーキ丼のお店。

ロコモコや定食も置いてありますが、みんなが頼む人気メニューはこの2つになります。

ローストビーフ丼がNo1ステーキ丼がNo2ですので、お友達と1種類づつにして半分こしてもいいかもしれませんね♪

またどちらも大盛にすることが可能で、+300円でお肉の量がとんでもないことに。

ここまで大盛だったら飽きるんじゃないの・・・?

と、思わず不安が出てくるほどのボリュームなので、お肉が得意な人はぜひ大盛にしてください!

途中で飽きてしまっても、調味料がおいてあるわけではないので、最初に行ったときは普通盛りで、二度目から大盛かどうかを検討するといいでしょう。

私は全然大盛でも、もう1杯でも、ローストビーフ丼とステーキ丼ダブルでも食べられちゃうな!と思う程おいしかったです。

お肉はとってもレア

ステーキ丼

ローストビーフのお肉がレアなのはもちろんですが、ステーキ丼のお肉もレア。

ほんとうに表面を焼いただけのお肉なので、レアのお肉が好きな人にはたまらないだろうなと感じました。

そして驚くのはそのボリューム。

850円とは思えないボリュームと豪華さにびっくりです。

定食にしなければスープやサラダはつきませんが、それでも十分で、最後までお肉を楽しめるようになっています。

ボリュームが多いのはお肉の量ですので、ご飯は少な目。お子さんや女性でもペロッと食べることができちゃますよ!

特製ソースとの組み合わせが最高

ローストビーフ丼はローストビーフのソースに加えて、ヨーグルトベースのソースが。

ステーキ丼には甘くてコクのあるステーキにピッタリソースが合わせられています。

レアレアなお肉とからまるソースはどちらもご飯との相性も良く、どんどん食べられるおいしさです。

お肉も薄めにカットされてあるので、とってもソースと良く絡みます。

ローストビーフ丼には卵黄も乗っていて、その卵黄がまた濃厚さを出していておいしいんです・・・!

どのくらい並ぶの?

レッドロックは、人気時は2時間、3時間待ちは当たり前のお店でした。

ですが今は落ち着いていますので、お昼時など繁盛時に並んだとしても1時間程度で済むこともあります。

もちろん土日、祝日などの忙しい日はかなリ並びますが、それでもピーク時よりはましになっているでしょう。

また、お昼時が過ぎて~夕飯時はほとんど並ばずにはいれるようにもなりました。

ずっと行列ができていたお店なので、行列が苦手だなと言う人は避けていたと思いますが、客足が落ち着いた今、狙い時ですよ。

ちゃんと美味しいお店なので、再ブーム、再々ブームももちろんありえますので、空いている今足を運ぶのがおすすめです。

空いている店舗に行くのも手

レッドロックは、いろんなところに店舗があります。

三ノ宮店は特に混んでいるので、並ばずに入りたいのであれば三ノ宮店を避けるといいと思いますよ。

ただ、三宮は本店なので本店で食べたい!という人は行列必須ですが並んだ方がいいかもしれませんね。

三ノ宮には、本店以外にも「三宮東店」もありますので、どうしても混んでいる場合はこちらに避難してもいいでしょう。

また、関西だけではなく東京、名古屋、博多、広島、仙台にも店舗がありますので、一番近くの店舗をさがして、そちらに行ってみてくださいね。

インスタ映えもピカイチ!

ローストビーフ丼

レッドロックのローストビーフ丼はインスタ映えもピカイチ。

高く積まれたローストビーフやステーキは、見ているだけで「おいしそう!」と思う事間違いなしです。

インスタやTwitterのSNSへ投稿して、ボリューム満点で見栄えもバッチリなローストビーフ丼を自慢しちゃいましょう!

興味がある人は、ぜひぜひ、食べに行ってみてくださいね!

写真通りのおいしさですよ。


スポンサードリンク


コメントを残す