中之島 イルミネーションの楽しみ方

中之島 イルミネーション 2016

中之島 イルミネーション

先日紹介しました、御堂筋のイルミネーション、大阪の動脈道路である御堂筋を「大阪を訪れる人々を優しく包み込む光のシンボルストリート」をデザインコンセプトに御堂筋を8つのエリアに分け装飾する壮大なイルミネーションですが、今回紹介するのは中之島のイルミネーションです。

>>>大阪駅発 御堂筋を走るイルミネーションバス
>>>御堂筋のイルミネーション 2016 大阪光の饗宴

ちなみに、上の画像のビルの間の空に映る光の筋は、流れ星じゃなく、伊丹空港へ着陸する飛行機の光です。

 

中之島 イルミネーション

中之島のイルミネーション、こちらも大阪光の饗宴の一環のイベントで、水都大阪のシンボル、中之島にある市役所があるエリアが光で飾られます。

水に映るイルミネーションが、ご覧の通り幻想的。2003年からスタートし、2015年度は272万人もの人が訪れたそうで、すっかりと大阪のイルミネーションイベントとして定着し、大阪では一番人気のイルミネーションイベントとなっているのです。

プロジェクトマッピングは目玉コンテンツ、コンサートや大道芸をはじめ、色んなイベントが企画され、賑わいます。

 

中之島 イルミネーションの日程

中之島 イルミネーション

中之島のイルミネーションという呼び方が一般的になっていると思うのですが、正確には「OSAKA 光のルネサンス2016」というイベント名です。

開催日程は2016年12月14日(水曜日)~12月25日(日曜日) の12日間、日没の17:00〜22:00までになります。

当然、物凄い人混みになるわけですが、今だとプレ点灯【を2016年11月20日(日)~12月13日(火)17時~23時】も実施されています。

本番には及びませんが、周辺のライトアップと合わせて、こうしてゆっくりと楽しむ事が出来ます。今回の画像は全て試験点灯の夜景です。

 

中之島イルミネーションの人気イベント 屋台

中之島のイルミネーションが人気な理由は、規模はもちろんですが、何処からでも立ち寄る事の出来るアクセスの良さ、そして、何と言っても屋台の存在は欠かせません。

「光のマルシェ」と名づけられた屋台が今年も30店舗ほど並ぶそうです。いかにも屋台というものから、海外のものまで、ついつい立ち寄りたくなってしまうのが屋台。

「キッチンカー」もありますし、「中之島おもてなしカフェ」、中ノ島公園の「中之島ローズライトマーケット」など、会場とその周辺には誘惑が沢山です。

 

中之島 イルミネーションの混雑予想

中之島 イルミネーション

普段はこんなにも静かなのんびりとした空気が流れる、国の重要文化財に指定される、大阪市中央公会堂ですが、繰り返しになりますが、混雑ぶりは半端なく、イルミネーションは綺麗だけれど人混みが苦手で、という方は少なくなく、私もそのクチです。

特に混雑が予想されるのは、週末と最終日のクリスマスにかけて。23日の祝日に24日のクリスマスは覚悟して出かける必要があると思います。

平日の少し遅めの時間がオススメ、私もその頃に狙って写真を撮りに行きたいと思っています。

中之島 イルミネーション アクセス

地下鉄・京阪本線淀屋橋駅・北浜駅、京阪中之島線なにわ橋駅からすぐです。

周辺にコインパーキングなども無いわけではありませんが、公共交通機関を使うのが良いと思います。


スポンサードリンク


コメントを残す