堺東 方違神社の御朱印

方違神社の効果 ご利益

方違神社

地元では報違いさんと呼ばれる、私にとっては会社の事務所の氏神さんである神社です。
摂津、河内、泉の国の境にあったので三国ヶ丘という地名。

そして、どこの国にも属さない、方位の無い地であるとされていたそうです。

転居や旅行などの際には、まず方違いさんで方除祈願をしてもらう神社として、近畿一円のみならず、全国にその名を知られている神社だといいます。

創建は神話の時代までさかのぼり、紀元前90年に崇神天皇がスサノオノミコトを祀り創建されました。厄除守として、御札のほかに、御砂と、幸がけの鈴、ちまきがあります。

神社内の土を練り込んだ素焼きの土鈴、菰の葉に神社の土を包んで作ったちまきなどは、とてもめずらしいものだと思います。

スポンサーリンク

方違神社が新築 引っ越し中

方違神社
工事前の拝殿です。

方違神社
現在、方違神社は創建2100年記念として社殿を造営しています。これは平成30年まで続く様で、その間は画像中央左にある、仮拝殿にてお参りすることになります。

方違神社の駐車場

境内に駐車場はあります。正面の鳥居をくぐった所が駐車場です。

が、現在は社殿の造営も行われており、台数も限られているので、特に週末は周辺のコインパーキングを利用するのが良いかと思います。

方違神社の御朱印

方違神社の御朱印

御朱印は社務所にていただく事が出来ます。

方違神社へのアクセス

大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁2-2-1

公共交通機関を利用の際は、南海高野線 堺東駅 北東口を出て徒歩10分ほど、改札に案内表示があるようです。

また、南海本線の堺駅、JR阪和線の堺市駅からは23系統バスにて「方違神社前」下車です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする